当ブログは以下の3つのテーマで構成されています。
詳細は左サイドバー目次をご覧ください。

@アクセスアップの基礎(基礎編)  Aアクセスアップ方法(実践編)  Bケーススタディ

ブログのカスタマイズ情報や他のアクセスアップ関連情報は,
人気blogランキング/ウェブログ部門をどうぞ。



My Yahoo!に追加

Top →失敗に学ぶ>あるブログの「炎上」に思う

あるブログの「炎上」に思う

ときどき,ネット上でブログの「炎上」が取りあげられます。最近,たまたまあるブログが炎上する過程を目にして感じたことを書いてみました。

ブロガーなら,ブログの「炎上」という言葉を目の当たりにすると大なり小なりハッとすると思います。もちろん私もそうです。
 
もし,あなたのブログが「炎上」などという事態に陥ってしまったら.....。最悪の場合,ブログは閉鎖を余儀なくされ,せっかくのアクセスアップの努力が水の泡になってしまいます。もし未然に防ぐことができれば,それにこしたことはないでしょう。
 
ブログの「炎上」という言葉はよく使用される割には,その定義は明確ではありません。ここでは,「ブログに批判的なコメントや中傷が殺到すること」としておきます。 
 
最近,偶然あるブログが炎上(?)する過程に出くわしてしまいました。すでにそのブログは閉鎖されてしまいましたが,ここでは名前等は控えさせていただきます(メンタルヘルス系のブログでした)。
 
急にある時期から,そのブログの記事や管理人に対する批判的なコメントが目立つようになり,開設から2年ほど続けられていたそのブログは,批判や中傷がピークに達した(と思われた)とき,いきなり閉鎖されました。
 
個人的には応援していただけに非常に残念な思いですが,このような事態は私も含め誰にでも起こりうることです。アクセスアップの努力をムダにしないためにも,対処法は検討しておくべきではないかと考えました。
 
ということで,今回のブログ閉鎖の件から「炎上の原因」について感じたことをそのまま述べたいと思います。
 
@記事内容より,コメントへのレスに不用意な部分があった。

A批判や中傷に対して,感情的になってしまった。
 
@ですが,本人曰く,「精神的に疲れていて,レスができない」とのことで,読者からのコメントへのレスを省略することがひんぱんにあったようです。しかし,一方で,親しい友人(?)からのコメントには必ずレスがついていました。
 
これは推測ですが,コメントを書き込んだ人の中に,レスがなかったことで「無視された」と感じた人が,次第に批判的なコメントを書き込むようになっていったのではないかと思います。
 
そしてAについては,コメント欄が荒れ始めてから,管理人自身が(そのコメントを書き込んだ人への)感情的な批判を,記事やコメント欄に書き込むようになり,一気に険悪な雰囲気になってしまいました。それからブログが閉鎖されるまではあまり時間がかかりませんでした。
 
これらのことから,私たちは何を学ぶべきでしょうか。決して他人事ではないような気がします。ひとまず,私自身は以下の点を「肝に銘じておこう」と思います。
 
・記事だけでなく,コメントも心をこめて書く。

・批判的なコメントを頂戴しても,絶対に感情的なレスはしない。
 
あなたなら,どんな防止策をとりますか?

 

Weblogランキングでアクセスアップ情報を探す。
(SEO対策や,ブログのカスタマイズ情報,アクセスアップの狙い目キーワードを紹介するブログが上位にランクインしています)

この記事へのコメント
こんばんは!マスターです♪

炎上ですか?
怖いですねと言いたい所ですが
私の場合はそんなことは気にしてられません。

なぜかというと挑戦的なのが私の戦略なので
いまさら対策を立てても焼け石に水です。

ではどうするのかというと
ブログが消え去っても大丈夫なように
計画を練っています。

応援ポチポチ♪急上昇↑
Posted by アフィリエイトの戦略 マスター at 2007年03月23日 20:06
こんばんは!副業.comのtoshiya01です^^忙しくて2日間も放置してしまいまし
た。ランキングも急降下(笑)この度、副業.comのモバイル板サイト「副業.com モ
バイル」←そのまま^^;を運営し始めました!まだ出来立てで訪問者もあまり
いないので携帯の方から応援お願いしますm(._.)m

http://m-pe.tv/u/?toshiya01

って事で、今日もランキングクリックしておきます^^
Posted by at 2007年03月24日 00:58
マスターさん☆

おそらく「炎上」なんていっても,
そうは起こらないでしょうから,
それほど身近なことかどうかは疑問です。

ただどのブログにも起こりうることでは
ありますから,ある程度は想定しておくことも
必要でしょうね。

>応援ポ(略

ありがとうございます(・∀・)
Posted by cherry-bomb at 2007年03月24日 08:28
toshiya01さん☆

精力的に頑張っておられますね。
今回は携帯のサイトも始められたんですか。

>今日もランキング(略

ありがとうございます(・∀・)
Posted by cherry-bomb at 2007年03月24日 08:31
こんばんは。
タイトルにひかれてきました。
むかしむかし,まだ炎上なんて言葉も知らなかった頃,炎上しちゃったことがあります。
あの時は,記事内容が不適切だったため,攻撃的なコメントがつき,それに他の人が反応しちゃって一気にぼわ〜〜っと。
怖いですね。じーっとなりを潜めて嵐が過ぎるのを待っていました。
カテゴリーにもよるように思います。熱い人が多いところがありますよね。
Posted by すずめ@おばちゃん教師 at 2007年03月27日 00:52
>すずめ@おばちゃん教師さん☆

記事内容も当然,炎上の原因に
なりうるでしょうね。

今回取りあげたブログの場合,
特に不適切と思われる記事は
見あたらなかったのに,
結果として「炎上」してしまった,
という点に強い関心というか
疑問を感じたのがきっかけです。

結局,記事を書く側としては,
いろんな読み手を想定して,
事前にある程度のシミュレーションを
しておくべきなのかもですね。
Posted by cherry-bomb at 2007年03月27日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36662914
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
SEO対策:アクセス :ブログ :blog :SEO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。