当ブログは以下の3つのテーマで構成されています。
詳細は左サイドバー目次をご覧ください。

@アクセスアップの基礎(基礎編)  Aアクセスアップ方法(実践編)  Bケーススタディ

ブログのカスタマイズ情報や他のアクセスアップ関連情報は,
人気blogランキング/ウェブログ部門をどうぞ。



My Yahoo!に追加

Top →失敗に学ぶ>「未来記事」の落とし穴

「未来記事」の落とし穴

ブログのトップページに未来の日付で記事を書く場合,「落とし穴」には注意してください。
 
よくブログのトップページに未来の日付で書かれた記事を見かけます。例えば,「2010年1月1日」といった具合です。
 
このような未来記事は,常にトップページに掲載したい情報などを表示するのに便利です。だいたい以下のような使われ方をしているようです。
 
・コメント欄を利用したBBS(掲示板)

・ブログのコンセプトや注意事項の説明
 
ただ特定の文章をいつまでも表示させたいだけなら,フリースペースを設置すればすむことですが,FC2やseesaaのようなカスタマイズの自由度が高いブログサービスとちがって一般のブログでは好きな場所にフリースペースを設置することはできません。
 
そういう訳で,「未来記事」ということになりますが,もしかするとあなたも使っているかもしれないこの「未来記事」がブログのアクセスを減らしてしまっているかもしれません。
 
このことに気づいたのは,たまたまRSSリーダーでお気に入り登録したブログの新着記事をチェックしていたときでした。ある友人のブログの更新が滞っていたので何気なくのぞいてみるとブログはきちんと更新され続けていました。
 
友人のブログは特に異常もなく,これまでどおりに更新されていたのです。ただ一点を除いて。そう「未来記事」です。
 
つまり,未来記事がRSSフィードを妨げていたということです。
 
もちろん,これだけで即アクセス数が減少する,ということにはならないと思いますが,新着記事がRSSリーダーに拾われないということは,そのブログをRSSリーダーに登録する意味はないといってよいでしょう。実際,私はこれまでいくつかのブログをRSSリーダー登録から削除しました。
 
ということで,「未来記事」をBBSやフリースペースの代用として使用している方は,以上のようなデメリットも考慮の上で再検討されたほうがいいと思います。
 

Weblogランキングでアクセスアップ情報を探す。
(SEO対策や,ブログのカスタマイズ情報,アクセスアップの狙い目キーワードを紹介するブログや,私生活をライブ中継するブログが上位にランクインしています)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39832888
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
SEO対策:アクセス :ブログ :blog :SEO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。