当ブログは以下の3つのテーマで構成されています。
詳細は左サイドバー目次をご覧ください。

@アクセスアップの基礎(基礎編)  Aアクセスアップ方法(実践編)  Bケーススタディ

ブログのカスタマイズ情報や他のアクセスアップ関連情報は,
人気blogランキング/ウェブログ部門をどうぞ。



My Yahoo!に追加

Top →ランキングサイト攻略法>ランキングサイトへのトリッキーなリンク

ランキングサイトへのトリッキーなリンク

ランキングサイトへの誘導には様々な工夫がなされています。中には少々トリッキーなものもあります。はたしてその効果はどうなんでしょうか。


ここでは人気blogランキングを例に話をすすめていきたいと思います。

以前から当ブログを読んで下さってる方はもうお気づきかと思いますが,このところ実験のために追記部分の前に,

   【ランキングと

というテキストリンクを挿入しています。追記の部分は,

   本文】

で書き出すと,

   【ランキングと本文】

と表示されます(「本文】」にアンダーラインがないのがイマイチですね)。

当ブログでは,現在この「実験」の効果を検証中ですが,今のところ効果を実感するほどではありません(面倒なのではずそうかなと考えています)。

テキストリンクには必ずランキングの単語が入ってないと禁止事項に抵触します。したがって「ランキング」の単語が必ず入る訳ですが,いくつかのブログでは直接関係のない単語と組み合わせたりしているので,存在していないランキングサイトがあるかのような表示になっています。

例)倖田來未の記事

82年生まれのシンガー、倖田來未。高校在学中の00年にシングル「TAKE BACK」でデビューし、弱冠18歳とは思えない官能的な歌唱力を披露。R&BとJ-POPが絶妙なバランスでブレンドされたサウンドも、彼女のコンテンポラリーな魅力を大いに引き出してみせた。このデビュー・シングルは米ビルボード・チャートで初登場20位にランクインし、国内外から注目を浴びる。

倖田來未ランキング

...とまぁこんな感じですが,この手法,かなり微妙です。おそらく検索エンジンから訪問した人は何も知らずにクリックしてしまうと思いますが,どうなんでしょうか。ランキング禁止事項の欺く行為に抵触しそうですが,実際には多くのブログで使われている手法です。つまり表現は悪いですが,運用上はほぼ野放しということでしょう。

当ブログでは,上記の方法を批判・否定するつもりはないです。それぞれのブログで最適なやり方があると思います。とはいえ,脱線しすぎると読者が離れていってしまうと思いますので,ほどほどにということになるかと思います。

【追記】
どうやら最近,運用上の改正がなされたようで,現在ではこの方法はスペースを入れるなどして明確に区別できるようにしない限りアウトとなったようです(2009/01/19)

Weblogランキングでアクセスアップ情報を探す。
(SEO対策や,ブログのカスタマイズ情報,アクセスアップの狙い目キーワードを紹介するブログや,私生活をライブ中継するブログが上位にランクインしています)

この記事へのコメント
☆我道を行く!
マスターです^^

最近は本当に野放し状態ですね^^;
全く更新していないブログが
上位に居るのは誰も納得しないと思います。

あの手のブログは順位が上がり始めると
止まらないようですが、下がり始めると
一気に下がると思います☆

お楽しみはこれからだ♪
応援(^_-)V
Posted by アフィリエイトの戦略☆マスター at 2007年06月17日 20:50
マスターさん☆

こんにちは(・∀・)

>全く更新していないブログ

これは確かに納得いきませんね。
人気blogランキングにもなんらかの
改善を求めたいところです。

>応援(^_-)V

ありがとです(・∀・)
Posted by cherry-bomb at 2007年06月18日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
SEO対策:アクセス :ブログ :blog :SEO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。