当ブログは以下の3つのテーマで構成されています。
詳細は左サイドバー目次をご覧ください。

@アクセスアップの基礎(基礎編)  Aアクセスアップ方法(実践編)  Bケーススタディ

ブログのカスタマイズ情報や他のアクセスアップ関連情報は,
人気blogランキング/ウェブログ部門をどうぞ。



My Yahoo!に追加

Top →アクセスアップできるキーワード>西城秀樹の「動画」と「ヤングマン」

西城秀樹の「動画」と「ヤングマン」

芸能関係で非常にKEI値の高いキーワードが,「西城秀樹}です。


最近,発見した非常にKEI値の高いキーワード西城秀樹は,月間検索件数が14,313回あるにもかかわらず,Yahoo!での検索結果はたったの561件(googleは379,000件)です。

「西城秀樹」関連の複合キーワードの月間検索件数は以下の通りです。

キーワード月間検索回数Google
検索結果
Google
KEI
Yahoo
検索結果
Yahoo
KEI
競合ページ数
西城 秀樹14,313 回
540.5
365172.9
608 件
西城 秀樹 結婚283 回
0.9
482.5
36,100 件
西城 秀樹 脳梗塞192 回
43.7
614.4
4,670 件
西城 秀樹 動画181 回
0.3
372.3
99 件
走れ 正直 者 西城 秀樹161 回
28.7
498.5
2,430 件
ヤングマン 西城 秀樹121 回
1.1
94.5
5,620 件
西城 秀樹 ヤングマン119 回
1.1
240.0
5,640 件
西城 秀樹 画像115 回
0.2
99.4
71 件
西城 秀樹 在日108 回
1.2
191.2
3,190 件
西城 秀樹 ymca104 回
0.6
120.2
8,870 件


全体的には,複合キーワードより「西城秀樹」単独でのKEI値の高さが突出しています。少々気になったので,他のいわゆる昭和のタレント(たとえば郷ひろみとか)も調べてみましたが,やはりKEI値は高いようです。

ちなみに,西城秀樹の動画はYoutubeで簡単に見つけることができます。たとえばヤングマンはこちら。

西城秀樹のYoung Manを視聴する

西城秀樹(Wikipedia)
西城 秀樹(さいじょう ひでき、本名木本 龍雄(きもと たつお)、1955年4月13日 - )は広島県広島市出身の歌手。

1972年3月25日にシングル『恋する季節』でデビュー。野性的でセクシーなルックスが若い女性ファンを魅了し、人気急上昇(愛称は「ヒデキ」)。『チャンスは一度』で旋風を起こす。

1973年、『情熱の嵐』が初のベストテン入り。一躍トップアイドルに(郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれる)。続く『ちぎれた愛』、『愛の十字架』が連続してオリコンのヒットチャートの第1位に輝く。

1974年、『激しい恋』の“♪やめろと言われても”の歌詞が流行語になる大ヒット。続く『傷だらけのローラ』が海外でもヒットチャートの第2位にランクインされ、日本レコード大賞で史上初となる歌唱賞を2年連続受賞。紅白歌合戦でも初出場を果たす。

1979年、『YOUNG MAN』が大ヒット。“Y.M.C.A.”の4文字を全身で表現したアクションは、全国に広まった。

1983年、独立後のシングル第一弾『ギャランドゥ』をリリース。Wham!の『Careless Whisper』、バリー・マニロウの『In Search of Love』、をカバー。バラード系の楽曲が目立つようになる。

2003年、韓国での公演中に突然、脳梗塞で倒れる。闘病生活の末、奇跡の復活を果たす。リハビリ後、活動再開。

2006年9月より「東京スポーツ」で『西城秀樹歌手生活35周年 奇跡の復活 ヒデキカンゲキ!』が連載され、9月27日には、3年ぶりの新曲『めぐり逢い』を発表。

西城秀樹(goo音楽)

西城秀樹

ヒデキはロックだ!!喉も張り裂けんばかりの熱唱や華麗なるマイク・アクション、日本初のスタジアム・コンサート敢行や度肝を抜くステージ・パフォーマンス--まさにロック世代のスーパー・アイドルである。

"ワイルドな17才"というキャッチ・フレーズのもと1972年にデビュー。郷ひろみ、野口五郎らと共に新御三家と呼ばれ、絶大な人気を博し、「情熱の嵐」(73年)、「激しい恋」(74年)などロック色の強いナンバーを次々にリリース。

ステージでは、洋楽カヴァーを積極的に取り上げ、ポップス・シーンへのロック普及に努めた。そして、アイドル歌手としての集大成「傷だらけのローラ」(74年)は、洋楽と邦楽の融合に成功した歌謡ロックの金字塔。

その後も、AOR(成人思考のロック)路線の「ブーツを脱いで朝食を」(78年)、ディスコ・ナンバー「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(79年)など大ヒットを連発。

新手のアイドルが現れては消えていくなか強靭な生命力で芸能界を生き抜く。1999年には、HIROMI GOの「GOLDFINGER'99」に「Bailamos 〜Tonight we dance〜」(エンリケ・イグレシアスのカヴァー)で対抗し、野口五郎も「愛がメラメラ 〜SMOOTH〜」で参戦。新御三家のラテン・バトルが世の中の話題をさらった。

現在もYOSHIKI/m.c.A・T/ Я・Kといった多彩なアーティストとコラボレーションを繰り広げ、さらには写真集でオール・ヌードを披露--ヒデキのチャレンジ精神は、いまだ尽きることが無い。

人気blogランキングで西城秀樹の情報を探す。
(ヒデキ情報は総合ランキングトップのエンタメscoopや,ランキング上位のキレ鯵,ズバリ!裏芸能に取りあげられています。ヒデキの動画・PVはJ-popランキングをどうぞ)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46059032
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

千の風になって スペシャル盤
Excerpt: いろんな「千の風になって」が入っています。私が一番気に入ったのは、2曲目の女性が歌っている歌です。声がとても美しいと思いました。レンタルしただけなので、名前はちょっと分かりませんが・・・。もちろん新井..
Weblog: J-POPをたくさん集めました
Tracked: 2007-10-12 00:12
SEO対策:アクセス :ブログ :blog :SEO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。